キャノンに転職するなら知っておきたいキャノンの年収と必要英語力(TOEIC点数)

キャノンってどんな会社

カメラやプリンター、センサーなど、イメージング技術を強みとする日本を代表する大手電機メーカー。
売上高4兆800億円、従業員数197,776名、連結子会社数376社という一大企業グループ。
特許数の多さや製品クオリティの高さに象徴される通り、世界一や世界初といった技術力にこだわりを持った企業です。
社員の愛社精神も高く、自社製品を愛用している社員の数も多いそうです。

キャノンの平均年収

次はキャノンの平均年収を見ていきましょう。
キャノンの年収は、有価証券報告書調べで777万円。

平成29年 782万円
平成28年 763万円
平成27年 787万円
平成26年 769万円
平成25年 755万円
平成24年 758万円
平成23年 766万円
平成22年 753万円
平成21年 716万円
平成20年 812万円

キャノンに転職するなら必要な英語力(TOEIC点数)

キヤノンは、海外でも幅広く活躍する日本企業の一つということもあり、転職希望者からの人気が高く、転職難易度も高いです。
しかし、キャノンでは他の企業ほど、必要とするTOEICの点数を高く設定していません。
それでも、海外赴任には600点が必要なようです。
転職時には最低でも600点を取得し、高倍率のキャノンへの転職に成功に一歩近づきましょう。

海外赴任をするのに必要な英語力(TOEIC点数)

キャノンでは海外赴任に必要なTOEIC点数を600点としていますが、
実際に海外赴任してみると、TOEIC600点の英語力では生活に支障がある
ことが多いです。海外で生活するうえで困らないためにはTOEIC700点は取得
しておきたいものです。また、ビジネスの場でも頻繁に英語を必要とする
部署などでは、更に高い800点以上を取得しておくとよいでしょう。

キャノン以外の企業が基準としている英語力(TOEIC点数)

次にキャノン以外の企業では、海外赴任にどれくらいの英語力を求めているのかを
見ていきましょう。
みずほ証券 700点以上
資生堂 700点以上
シャープ 700点以上
伊藤忠商事 700点以上
住友商事 730点以上
丸紅 730点以上
三井物産 730点以上

やはり、どの企業も700~730点以上を基準としています。

キャノンのような一流企業に転職したい人向けの転職エージェント

キャノンのような一流企業に転職を希望する場合は、普通の転職エージェントに登録するのではなく、高年収やハイクラスの案件を多く扱っている転職エージェントに登録しましょう。

キャノンなど一流企業案件を多く持つおすすめ転職エージェントは、高年収が期待できる『BIZREACH(ビズリーチ)』一流企業案件を多くもつ『doda』日本最大級の転職エージェント『リクルートエージェント』です。

この3社であれば高年収で高キャリアな案件を多数もっていますので、キャノンだけでなく一流企業の案件を紹介してくれる可能性が高いです。
登録は無料ですので、登録だけして案件がどのようなものがあるのかを見てみると、必要なスキルやTOEICの点数が確認できます。

転職エージェントがもつ案件は日々入れ替わります。将来的に転職を考えているのであれば、登録をして定期的に案件を確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です