アクセンチュアに就職・転職するために必要な英語力(TOEICスコア)と英語力で変わる年収

今回は、世界最大級の経営コンサルティングファームであるアクセンチュアのに就職・転職する場合に必要な英語力(TOEICスコア)と英語力で変わる年収について調査してみました。

1.アクセンチュアに就職するために必要な英語力(TOEICスコア)

アクセンチュアに就職する場合、英語力は重視していません。
実際にアクセンチュアに採用された方は、TOEICのスコアが400点の方や900点以上ある方もいらっしゃいます。

2.アクセンチュアに転職するために必要な英語力(TOEICスコア)

中途でアクセンチュアに転職する場合はTOEICスコア600から650以上が必要となる案件がほとんどです。
ポジションによってはTOEICの点数を要求しない案件もありますが、TOEIC650点は取得しておいた方が良いでしょう。
なぜなら、アクセンチュアではTOEICの点数が昇進にかかわり、年収を左右する材料になるからです。

3.アクセンチュアの年収

次にアクセンチュアの役職別の年収を見ていきましょう。
役職によってかなり年収に幅があることが分かります。

アクセンチュアの役職別年収

アナリスト 430万円~600万円(推定)
コンサルタント 650万円~750万円(推定)
マネジャー 1000万円~1250万円(推定)
シニア・マネジャー 1300万円~1800万円(推定)
マネジング・ディレクター 数千万万円~数億円(推定)

4.アクセンチュアで昇進するのに必要な英語力(TOEICスコア)

アクセンチュアでは、マネージャーはTOEIC650点以上ないとなれないというルールがあります。
つまり、アクセンチュアでマネージャーになり、年収1000万円以上を目指すのであれば、TOEICの点数は650以上を取得しておく必要があるということです。
また、英語が必要な案件がきた際に、チームに入れるか入れないかは英語力で判断されることもあります。
そのため、英語力があることで昇進するチャンスをつかめる可能性も高くなってきます。

5.アクセンチュアに入社できそうか判断してもらえる転職エージェント

TOEICの点数が既に高いのであれば、アクセンチュアに転職できる可能性があります。
アクセンチュアを専門的に扱うアクシスコンサルティングであれば、これまでアクセンチュアへの転職成功案件が多数ありますから、履歴書をみればどの程度アクセンチュアへの採用可能性があるか判断してもらえます。

現役コンサルタントの転職支援数、No1!【アクシスコンサルティング】



ビズリーチに登録しておけば、アクセンチュアから直接オファーが来ることもあります。
転職可能化の判断や、年収の交渉もビズリーチの転職エージェントが行ってくれます。

高年収の求人情報を多く取り扱っているビズリーチ

リークルートエージェントもアクセンチュアからの求人を取り扱っており、採用可能性や年収可能性もリクルートの転職エージェントが行ってくれます。
年収交渉も丁寧に行ってくれるリクルートエージェント

6.アクセンチュアに転職する前に読んでおきたい書籍

アクセンチュアのプロが教える AI時代の実践データ・アナリティクス (日本経済新聞出版)

アクセンチュア流 生産性を高める「働き方改革」 自社のカルチャーを変革し続けるリーダーシップ×フレームワーク

アクセンチュアのプロフェッショナルが教えるデータ・アナリティクス実践講座

外資系コンサルのリサーチ技法―事象を観察し本質を見抜くスキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です