アビームコンサルティングの年収と就職・転職するために必要な英語力とは(TOEICスコア)

今回は、アビームコンサルティングに就職・転職する場合に必要な英語力(TOEICスコア)とアビームコンサルティングの年収について調査してみました。

1.アビームコンサルティングに就職するために必要な英語力(TOEICスコア)

アビームコンサルティングに就職する場合、TOEICの点数は730点以上が目安となります。
もちろん、TOEICの点数が730以下である場合、全員が不合格になるわけではありませんが、アビームコンサルティングの公式ウェブサイトにも”新卒で入社される方にはTOEIC 730点取得を目指していただいております”という記載があることから、面接を受けた時にTOEICの点数が730点以上ない場合、就職するまでに730点を取得できるように勧められるでしょう。

2.アビームコンサルティングに転職するために必要な英語力(TOEICスコア)

アビームコンサルティングに転職する場合にはTOEICの点数は最低でも730点以上、できれば800点以上の取得が望ましいでしょう。
また、転職の場合はTOEIC点数よりも、いままでの実績や経歴を重要視されます。
英語での業務経験があり、実績があるのであれば、TOEIC点数がなくてもアビームコンサルティングに転職できる可能性は高いです。
TOEICの点数だけ足りないのであればTOEICの勉強をして、スコアの向上を図ってから応募する必要があります。
なるべく早くTOEICの点数を上げたいのであれば、
RIZAP ENGLISH
がおすすめです。



オンライン講座もスタートし、初回は無料体験ができます。


3.なぜアビームコンサルティングでは英語力(TOEIC点数)を必要とするのか

アビームコンサルティングの業務には、下記のような業務が含まれます。
顧客が日系企業に限らず、外資企業だからという理由もありますが、日系企業を担当した場合でも海外の支社や支店にもITシステムや会計基準を適応していかなければならないため、英語力が必要になってくるのです。

アビームコンサルティングで英語力が必要な業務例:
・海外進出・定着支援(現地IT戦略・管理、現地監査、グローバル標準策定支援)
・国際会計基準(IFRS)/ソルベンシーⅡ対応支援
・グローバル連結会計・経営管理体制構築支援
・米国会計基準(US GAAP)、国際会計基準(IFRS)対応支援
・グローバル統合リスク管理態勢(ERM)の構築
・海外拠点・子会社を含めたグローバルレベルでのITガバナンス・情報セキュリティ管理強化

4.アビームコンサルティングの年収

アビームコンサルティングの役職別年収
ビジネスアナリスト(新卒):450~600万円
コンサルタントB~D: 600~750万円+入社準備金35万円支給
シニアコンサルタントA~D:720~1000万円+入社準備金50万円支給
マネージャーA~D:1000~1400万円+入社準備金65万円
シニアマネジャーA~D:1250~1900万円+入社準備金:85万円
ディレクター:1800万円~
プリンシパル:2500万円~

転職でアビームコンサルティングに入社する場合、コンサルタントBからスタートになるため、600万以上の年収が確保されます。
また、入社準備金として35万円から85万円を支給してもらえます。

5.アビームコンサルティングに転職できるか判断してもらえる転職エージェント

英語力があり海外との業務経験があるのであれば、アビームコンサルティングに転職できる可能性があります。
アビームコンサルティングをはじめとするコンサルティングファーム専門のアクシスコンサルティングであれば、これまでアビームコンサルティングへの転職成功案件が多数ありますから、履歴書をみればどの程度アビームコンサルティングへの採用可能性があるか判断してもらえます。

現役コンサルタントの転職支援数、No1!【アクシスコンサルティング】



ビズリーチに登録しておけば、アビームコンサルティングから直接オファーが来ることもあります。
転職可能化の判断や、年収の交渉もビズリーチの転職エージェントが行ってくれます。

高年収の求人情報を多く取り扱っているビズリーチ

リークルートエージェントもアビームコンサルティングからの求人を取り扱っており、採用可能性や年収可能性もリクルートの転職エージェントが行ってくれます。
年収交渉も丁寧に行ってくれるリクルートエージェント

6.アビームコンサルティングに転職する前に読んでおきたい書籍

企業変革を実現する“リアルパートナー”アビームコンサルティング (企業研究BOOK2020)

「データ経営」を実現するIT戦略(日経BP Next ICT選書)

企業ITに人工知能を生かす AIシステム構築実践ノウハウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です