KPMGコンサルティング株式会社の年収と就職・転職するために必要な英語力(TOEICスコア)とは

今回は、KPMGコンサルティング株式会社に就職・転職する場合に必要な英語力(TOEICスコア)とKPMGコンサルティング株式会社の年収について調査してみました。

1.KPMGコンサルティング株式会社ってどんな会社?

KPMGコンサルティング株式会社は、世界4大会計事務所(Big4)の一角であり、146の国と地域に約22万名を擁するプロフェッショナルグローバルネットワークの一つです。各国のメンバーファームはスイスの KPMG International CooperativeKPMGインターナショナルに加盟しています。
主に、監査(AUDIT)、税務(TAX)、アドバイザリー(ADVISORY)の3つの分野で統一された高品質なサービスを提供しています。
その中で、KPMGジャパンは、KPMGの日本におけるメンバーファームの総称です。
KPMGジャパンは、監査・税務・アドバイザリーの3つの分野にわたる8のプロフェッショナルファームによって構成されています。
主な業務内容は、クライアントが抱える経営課題に対して、各分野のプロフェッショナルが専門知識やスキルを活かして連携し、KPMGのグローバルネットワークも活用しながら、総合的なコンサルティングサービスを提供することです。

KPMGジャパンのオフィスはこのような内装になっています。


2.KPMGコンサルティング株式会社に就職するために必要な英語力(TOEICスコア)

KPMGコンサルティング株式会社に就職する場合、TOEICの点数は730点以上はあった方が好ましいです。
ただ、新卒の場合はそこまでTOEICの点数がなくても採用されているケースもあります。
しかし、KPMGコンサルティング株式会社の場合、仕事内容に英語力が必要な案件も多いので、入社後のことを考えると英語力は高くないと、その後の昇級と年収に影響が出てくるため、入社時にTOEICの点数が高くなくても、入社後に英語力を鍛える必要があります。

3.KPMGコンサルティング株式会社に転職するために必要な英語力(TOEICスコア)

KPMGコンサルティング株式会社に転職する場合にはTOEICの点数は最低でも800点以上の取得が望ましいでしょう。
KPMGコンサルティング株式会社の転職者の求人内容を見てみると、以下のような採用条件が記載してありました。

金融・会計・経営企画・コンサルティング業務経験者 または、金融・会計業務知識をお持ちの方
4年制大学卒以上の学歴
財務・会計の知識(簿記2級程度の知識)ある方
英語力TOEIC 800点以上を有する方
エクセル、ワード、パワーポイント等Windowsソフトが使える方

求人内容にも記載の通り、転職者の場合、応募する次点でTOEIC800点以上が必要となります。

TOEICの点数だけ足りないのであればTOEICの勉強をして、スコアの向上を図ってから応募する必要があります。
なるべく早くTOEICの点数を上げたいのであれば、
RIZAP ENGLISH
がおすすめです。



オンライン講座もスタートし、初回は無料体験ができます。


4.KPMGコンサルティング株式会社では英語力(TOEICスコア)を必要とするのか

KPMGコンサルティング株式会社では、グローバルに活躍するチャンスが多くあります。
世界146ヶ国にメンバーファームを持つことがKPMGの特長であり、国内外から最新の知見やデータを学ぶことができます。クライアント企業には、世界各国に子会社等を持つグローバル企業が多く、KPMGのグローバルネットワークを活用しながら、海外赴任や出張により国境・国籍を超えたチームを組み、コンサルティングサービスを提供する機会が多くあります。
また、海外プロジェクトへのアサインメントや中長期的海外赴任などのグローバルに働きたい人に絶好の環境です。
英語力があり、海外でも活躍してみたい方には最高の職場と言えます。

5.KPMGコンサルティング株式会社の年収

KPMGコンサルティング株式会社の役職別年収

アナリスト  約450~500万円
コンサルタント  約500~700万円
シニアコンサルタント  約650~900万円
マネージャー  約800~1200万円
シニアマネージャー  約1100~1400万円
パートナー  約1300~2000万円

KPMGコンサルティング株式会社の年収は、一般的な企業の全国平均年収の2倍~3倍以上ですので、給与水準はかなり高いと言えます。パートナーになれれば、かなりの高年収が期待できます。

6.KPMGコンサルティング株式会社に転職できるか判断してもらえる転職エージェント

英語力があり、経理・人事・ITなどの専門知識があれば、KPMGコンサルティング株式会社に転職できる可能性があります。
KPMGコンサルティング株式会社をはじめとするコンサルティングファーム専門のアクシスコンサルティングであれば、これまでKPMGコンサルティング株式会社への転職成功案件が多数ありますから、履歴書をみればどの程度KPMGコンサルティング株式会社への採用可能性があるか判断してもらえます。

現役コンサルタントの転職支援数、No1!【アクシスコンサルティング】



ビズリーチに登録しておけば、KPMGコンサルティング株式会社から直接オファーが来ることもあります。
転職可能化の判断や、年収の交渉もビズリーチの転職エージェントが行ってくれます。

高年収の求人情報を多く取り扱っているビズリーチ

リークルートエージェントもKPMGコンサルティング株式会社からの求人を取り扱っており、採用可能性や年収可能性もリクルートの転職エージェントが行ってくれます。
年収交渉も丁寧に行ってくれるリクルートエージェント

7.KPMGコンサルティング株式会社に転職する前に読んでおきたい書籍

この1冊ですべてわかる コンサルティングの基本

コンサル一年目が学ぶこと

外資系コンサルが教える難題を解決する12ステップ プロジェクトリーダーの教科書

外資系コンサルが実践する 図解作成の基本

外資系コンサルのリサーチ技法―事象を観察し本質を見抜くスキル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です