パナソニックに就職・転職したいなら知っておきたいパナソニックの年収・必要英語力(TOEIC点数)

パナソニックってどんな会社

パナソニックとは、松下幸之助によって設立された日本の総合家電メーカーです。
資本金2,587億、従業員数271,869名、売上高8兆27億円。(2019年4月1日時点)
長らく「松下電器産業」の名称で知られてきました。
後に松下電器製作所、松下電器産業と改称され、総合的電器メーカーとして世界的規模に成長していきます。
海外ではPanasonicを統一ブランドとし、欧米からアジアまで広く認知されています。

パナソニックの平均年収

有価証券報告書によるとパナソニックの年収の平均は、779万円でした。

パナソニックの年度別の年収は以下の通りです。
平成29年:768万円
平成28年:781万円
平成27年:789万円
平成26年:756万円
平成25年:691万円
平成24年:731万円
平成23年:790万円

パナソニックへの就職・転職難易度

パナソニックの新卒での就職採用大学は、
東京大学
東京工業大学
一橋大学
早稲田大学
慶応義塾大学
明治大学
上智大学
中央大学
立教大学
青山学院大学
名古屋大学
京都大学
同志社大学
立命館大学
大阪大学
関西大学
神戸大学
北海道大学
東北大学
電通大学
横浜国立大学
京都工芸繊維大学
関西学院大学
広島大学
九州大学などです。
これを見ても難関大学が多いため、採用大学からみる就職難易度はかなり高めと言えます。
また電機メーカーということもあって、理系の方が採用されやすく、文系の方にとっては
更に難易度の高い会社といえるでしょう。

次にパナソニックへの転職難易度を見ていきましょう。
パナソニックが求めている中途採用人材は、高い業務スキルと英語力です。
業務スキルに加え、高い英語力が要求されます。
では、具体的にどれくらいの英語力が必要なのか見ていきましょう。

パナソニックに転職するなら必要な英語力(TOEIC点数)

パナソニックの主任の昇格試験の必須条件がTOEIC550であることから、
転職時には600点はほしいところです。
また、国際部門の部署を希望する場合はTOEIC800点以上は取得して
おいた方がよいでしょう。
パナソニックの国際広報担当は900点以上が必要だそうです。

パナソニック以外の企業が基準としている英語力(TOEIC点数)

TOEIC900以上 Panasonic(国際広報担当)
TOEIC860以上 野村ホールディングス(グローバル型社員)富士通(海外出張)三菱商事(社内留学)
TOEIC830以上 京葉銀行(人事評価に反映)
TOEIC800以上 住友不動産 野村不動産 日立製作所(経営幹部) 三井住友(総合職全員の努力目標) KDDI(事務・技術職の配属、異動) 日本マクドナルド
TOEIC750以上 丸紅(入社5年目社員) 三井物産(入社3年目社員) 三菱商事(課長クラス) 楽天(上級管理職・部長級)
TOEIC730以上 ソフトバンク 武田薬品 京葉銀行(人事評価に反映) 日本IBM(次長) 住友商事(管理職) 住友商事 双日 丸紅 三井物産 三菱商事 NTTコミュニケーションズ(新人の1年間派遣権利)
TOEIC700以上 NTT東日本 ファーストリテイリング 三菱電機 ヤマト運輸 ブリジストン 東京電力 三菱自動車(事務職) 伊藤忠商事(入社4年目社員) シャープ(課長職) ファーストリテイリング(本部管理職) キリンビール(事務・技術職の配属、異動) 楽天(課長級) 伊藤忠商事 資生堂 シャープ みずほ証券
TOEIC650以上 アサヒビール 佐川グローバルロジスティクス シチズンホールディングス 日立製作所(課長) 双日(主任クラス) ソニー(係長級・課長級) ブリヂストン(開発企画職上級) 楽天(係長級)
TOEIC600以上 出光興産 王子製紙 大正製薬 大和ハウス工業 ニトリホールディングス 住友林業(係長) マツダ(課長職) トヨタ自動車(係長) 日本IBM(課長) 富士通(エンジニア・事業企画担当) 住友商事(総合職) NEC(全社員) 三井物産(入社時) 富士通(入社2年目社員) 丸紅(入社5年目社員) 日立製作所(総合職2年目社員) 横浜ゴム(全社員) 日本ビクター(全社員) 楽天(一般職全社員) キヤノン 大成建設
TOEIC580以上 三菱商事(全社員)
TOEIC550以上 住友金属工業(全社員)
(出典:「週刊ダイヤモンド」2011年1月8日号)

パナソニックのような一流企業に転職したい人向けの転職エージェント

パナソニックのような一流企業に転職を希望する場合は、普通の転職エージェントに登録するのではなく、高年収やハイクラスの案件を多く扱っている転職エージェントに登録しましょう。

パナソニックなど一流企業案件を多く持つおすすめ転職エージェントは、高年収が期待できる『BIZREACH(ビズリーチ)』一流企業案件を多くもつ『doda』日本最大級の転職エージェント『リクルートエージェント』です。

この3社であれば高年収で高キャリアな案件を多数もっていますので、パナソニックだけでなく一流企業の案件を紹介してくれる可能性が高いです。
登録は無料ですので、登録だけして案件がどのようなものがあるのかを見てみると、必要なスキルやTOEICの点数が確認できます。

転職エージェントがもつ案件は日々入れ替わります。将来的に転職を考えているのであれば、登録をして定期的に案件を確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です