ファーストリテイリングに就職・転職するなら知っておきたいファーストリテイリングの年収・必要英語力(TOEIC点数)

ファーストリテイリングってどんな会社

ファーストリテイリングは、衣料品の製造・販売を行なうユニクロ UNIQLO,G.U.などを傘下にもつ持株会社です。
ファーストリテイリングの本社は山口県山口市にあります。
商品企画,生産,物流,販売を一貫して行ない,中国などアジア諸国で大量生産することでコストを抑え,低価格のカジュアルウェアブランドとして 2000~10年代に爆発的な成長を遂げました。
2001年から海外にも進出し,イギリス,中国,大韓民国(韓国),香港,アメリカ合衆国,フランス,シンガポール,ロシア,台湾,マレーシア,タイ,フィリピンなど世界各国にユニクロとジーユーを出店しています。

ファーストリテイリングの平均年収

まずはファーストリテイリングの年齢別平均年収を見ていきましょう。

20~24歳 406.6万円~456.6万円
25~29歳 518.7万円~568.7万円
30~34歳 524.8万円~624.8万円
35~39歳 608.9万円~712.9万円
40~44歳 680.0万円~801.0万円
45~49歳 775.1万円~897.1万円
50~54歳 851.2万円~961.2万円
55~59歳 843.2万円~953.2万円
60~65歳 548.8万円~648.8万円

次にファーストリテイリングの役職別の年収をみていきましょう。
主任 687.3万円
係長 855.5万円
課長 1,130.4万円
部長 1,249.6万円

上記のファーストリテイリングの年収は、日本のサラリーマンの平均年収よりはかなり高めといえるでしょう。

ファーストリテイリングに就職・転職するなら必要な英語力(TOEIC点数)

採用時の必要TOEIC点数:
ファーストリテイリングでは採用時にTOEIC700点以上を必要としています。
世界各国に拠点を持っていることから、他の企業に比べて採用時のTOEIC必要点数は高い方です。

転職時に必要なTOEIC点数:
次に、ファーストリテイリングに転職するのに必要な英語力をみていきましょう。
ファーストリテイリングの中途採用ページを確認すると、英語力やTOEICの必要点数はポジションによってちがうようです。
下記に具体例を記します。

グローバルマーケティングポジションの場合:
TOEIC750以上が望ましい。英語でビジネスコミュニケーションを取れること。

店舗設計・ファシリティマネジメントリーダー候補の場合:
TOEIC700点以上の英語力。留学経験、ビジネス経験も必要。

転職となると、TOEIC点数に加え、業務で英語が使えるのかといったことが重要視されるようです。

ファーストリテイリングで海外赴任をするのに必要な英語力(TOEIC点数)

海外にも多くの拠点をもつファーストリテイリングに就職・転職した場合、海外赴任の可能性も大いにあります。
海外赴任する場合に必要な英語力やTOEICの点数を見ていきましょう。

仕事だけではなく英語での生活に困らないレベルとなると、海外赴任に必要な英語力(TOEIC点数)は730点以上ではないでしょうか。
しかし、TOEIC730点というのは最低ラインになります。
スムーズな業務や契約関連の交渉には、TOEIC800以上はほしいところです。

そのため、ファーストリテイリングで海外赴任も視野に入れて就職・転職を考えている方は、TOEIC800点を目指して頑張って下さい。

ファーストリテイリング以外の企業が基準としている英語力(TOEIC点数)

TOEIC900以上 Panasonic(国際広報担当)
TOEIC860以上 野村ホールディングス(グローバル型社員)富士通(海外出張)三菱商事(社内留学)
TOEIC830以上 京葉銀行(人事評価に反映)
TOEIC800以上 住友不動産 野村不動産 日立製作所(経営幹部) 三井住友(総合職全員の努力目標) KDDI(事務・技術職の配属、異動) 日本マクドナルド
TOEIC750以上 丸紅(入社5年目社員) 三井物産(入社3年目社員) 三菱商事(課長クラス) 楽天(上級管理職・部長級)
TOEIC730以上 ソフトバンク 武田薬品 京葉銀行(人事評価に反映) 日本IBM(次長) 住友商事(管理職) 住友商事 双日 丸紅 三井物産 三菱商事 NTTコミュニケーションズ(新人の1年間派遣権利)
TOEIC700以上 NTT東日本 三菱電機 ヤマト運輸 ブリジストン 東京電力 三菱自動車(事務職) 伊藤忠商事(入社4年目社員) シャープ(課長職) キリンビール(事務・技術職の配属、異動) 楽天(課長級) 伊藤忠商事 資生堂 シャープ みずほ証券
TOEIC650以上 アサヒビール 佐川グローバルロジスティクス シチズンホールディングス 日立製作所(課長) 双日(主任クラス) ソニー(係長級・課長級) ブリヂストン(開発企画職上級) 楽天(係長級)
TOEIC600以上 出光興産 王子製紙 大正製薬 大和ハウス工業 ニトリホールディングス 住友林業(係長) マツダ(課長職) トヨタ自動車(係長) 富士通(エンジニア・事業企画担当) 住友商事(総合職) NEC(全社員) 三井物産(入社時) 富士通(入社2年目社員) 丸紅(入社5年目社員) 日立製作所(総合職2年目社員) 横浜ゴム(全社員) 日本ビクター(全社員) 楽天(一般職全社員) キヤノン 大成建設
TOEIC580以上 三菱商事(全社員)
TOEIC550以上 住友金属工業(全社員)
(出典:「週刊ダイヤモンド」2011年1月8日号)

ファーストリテイリングのような一流企業に転職したい人向けの転職エージェント

ファーストリテイリングのような一流企業に転職を希望する場合は、普通の転職エージェントに登録するのではなく、高年収やハイクラスの案件を多く扱っている転職エージェントに登録しましょう。

ファーストリテイリングなど一流企業案件を多く持つおすすめ転職エージェントは、高年収が期待できる『BIZREACH(ビズリーチ)』一流企業案件を多くもつ『doda』日本最大級の転職エージェント『リクルートエージェント』です。

この3社であれば高年収で高キャリアな案件を多数もっていますので、ファーストリテイリングだけでなく一流企業の案件を紹介してくれる可能性が高いです。
登録は無料ですので、登録だけして案件がどのようなものがあるのかを見てみると、必要なスキルやTOEICの点数が確認できます。

転職エージェントがもつ案件は日々入れ替わります。将来的に転職を考えているのであれば、登録をして定期的に案件を確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です