コロナの感染が心配で公文教室をやめたい(退会・休会)。自宅で子供一人でもできる公文の代わりになる通信講座とは。

我が家は幼稚園から小学3年生まで公文教室にお世話になりました。
そして、現在息子は中学受験に向けて猛勉強をしています。
先日、下の子がいるママ友から、近隣でコロナ感染者が多発してしまい、公文教室はコロナの感染が気になるから一回やめたいんだけどと相談されました。
確かに、通学制の公文教室は今のご時世、感染が心配ですよね。
今回は公文教室の退会、休会方法と公文の代わりに自宅でお子様一人でもできるおすすめの通信講座の紹介をしていきたいと思います。

公文式教室の退会・休会方法

公文教室は退会したい場合でも、休会にしておくのが1番です。
なぜかというと、休会であればやっぱり公文が良かったとなって復会する時に、今までの進度のまま復会できます。
また、退会を選んだ場合も、4カ月目で自動的に退会となります。
絶対に復会するつもりはないということであれば退会でもよいと思いますが、教室の先生とも退会だとなんとなく気まずいですが、休会ならそこまで気まずくないかなと思います。

休会するには:

公文教室を休会したい場合は、休会を希望される月の前月末日までに、直接、教室の先生へ伝えて下さい。
休会期間中の会費は不要です。休会期間は、最長3か月ですから、4か月目までに復会されない場合は、自動的に退会となります。

退会するには:

希望される月の前月末日までに、直接、教室の先生へ伝えて下さい。
すぐに退会可能です。

公文式教室の代わりになる子供が一人でもできる通信講座

公文教室を退会してから心配なのが、子供の学習です。
今回は公文と同じ

1.無学年生
2.自宅で一人でもできる

この2つの条件が整ったおすすめの通信講座をご紹介します。

1.RISU算数

このRISU算数はいわば公文のタブレットバージョンで、中学受験塾の入塾テスト対策にも使われる無学年生算数教材です。
RISU算数公式サイトはこちら

無学年生で算数が学べ、一問一問と問題を解くたびにポイントがもらえ、そしてそのポイントを好きな商品と交換でき、ゲーム感覚で小学6年生までの算数が修得できます。
料金は、基本料金:年額一括12ヶ月分33,000円 (月あたり2,750円)と進度によって利用料0円から9350円(利用者平均は3300円)がかかります。
平均すると、月々6000円程度ですが、お子様の進度が早い場合はもう少しかかってしまうケースもあります。

クーポンコードを入力すれば、1週間無料で試せます。
(返品の場合に限り、1,980円(税別)だけかかります。)
クーポンコード:aje07a
RISU算数公式サイトはこちら
1週間お子様に試してもらって、感想を聞いてから、公文式を続けるかRISU算数に切り替えるか決めれば良いと思います。

2.スマイルゼミ

スマイルゼミも無学年生で先取りができ、しかも国語、算数、理科、社会、英語の5教科すべて学習できます。
公文式で習える、算数、国語、英語以外の理科、社会もやりたいというお子様はこちらもおすすめです。
スマイルゼミは漢字検定に対応していて、漢字が好きなお子様には特におすすめです。
楽しく学習しながら、漢字検定の対策ができると思います。
料金は取る教科などによって違うので、公式サイトからシミュレーションをしてみてみるか、資料請求をしてみて下さい。
こちらも時期によりますが、無料で2週間お試しができますので、そちらでお試しをしてから決めるのが良いと思います。

スマイルゼミ公式サイトはこちら




健康に気を付けながら日々の勉強頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。